シズカの楽しい日々

楽しい事、辛い事、色々と...

太田諭 ハングル・パーフェクトマスター 感想から効果がわかる

太田諭さんの「ハングル・パーフェクトマスター」。

どうなんだろうね。

ただ韓国人の発音のマネばかりしていても、

通じない韓国語になる。

「発音の上達に一番よい練習法はなんでしょうか?」
と聞かれれば、

「韓国人の発音のマネをする」と答える人は多いと思います。

そして、韓国語の先生のほとんどが、

「とにかく、発音のマネをしてください。」

だとか、

「たくさん発音練習して、慣れれば大丈夫ですよ」と、

発音に不安を感じている人にアドバイスします。

しかし、私の韓国語のレッスンを受けに来る方に、
「韓国語学校に通っているんですけど、
うまく発音できているかわからないんです…」
という方が、結構多いのです。

最近、「1年間韓国語学校に通ったのに、発音にまったく自信がない」 という悩みを持って、私のレッスンを受けに来た方がいらっしゃいました。

私は、「1年も韓国語学校に通っているのに、なぜ?」と思い、
よくよくお話を聞いてみたのです。

すると、

韓国語学校の先生からは、
「慣れれば大丈夫ですよ〜」としか言われない、ということでした。

「だって、『慣れたら大丈夫です』って言うのは、
今まだ上手に発音できてない、ってことじゃないですか!?」
という、その方の言葉は印象的でした。

その通りですよね。

韓国語学校は、「覚えるだけだから」と、ハングルの説明にほとんど時間をかけず、
あいさつの表現や自己紹介などに時間をかけます。

まだハングルがわからない状態で授業が進むと、
「よくわからないけど、とりあえず先生の発音のマネをしているだけ」
ということになってしまいます。

確かに、韓国人の模範の発音をマネしていたら、
「その表現だけ」は、通じる発音になるかもしれません。

しかし、「模範の発音がないと、通じる発音ができない」としたら…
あなたの言いたいことすべてに、模範の発音をつけなくてはいけないことになります。

キリがありませんよね。

これでは、いつまで経っても自分でハングルを読み、発音することはできません。

だからこそ、ハングルの発音のしくみをしっかり理解することで、
「通じるかな…大丈夫かな…」と思うこともなく、
自信を持って自分の表現したい韓国語を、キレイに話せるようになるのです。って、本当なの?

レビューもあまりないし、
2chのスレで口コミを探しているところ。

購入者の評価 ネタバレ

韓流ドラマをなにげなく見ているうちに、ついついハマってしまい、
「字幕がなくても聞き取れるようになりたい!」と思って、
初心者用の薄めの本を購入し、勉強をはじめてみました。
しかし、ハングル文字の多さに挫折・・・
でも、このテキストは、文字を読む、というより、
イラストや図解を眺めていく感じなので、気軽に学習できます。
そして練習問題で、ハングルが理解できていることを確認できます。
「多いなぁ…」「よくわかんないなぁ…」と思っていたけれど、
わかるってうれしいことなんだ、
韓国語って楽しいなと実感できました。

悪くないかも。
試してみてもいいかもね。